内的家族システム(インターナル・ファミリー・システム)IFSとは

40年近い歴史を持つ、臨床から生まれたアプローチです

IFSは、家族療法士である米国のリチャード・シュワルツ氏が開発した、40年近い歴史を持つ、トラウマ治療を得意とする画期的な心理療法です。

身体疾患にエビデンスが認められています

IFSは精神心理的な問題の解決に定評があるだけではなく、2013年に発表された関節リウマチに対する研究論文で、IFSの効果が認められたことが実証されています。
リンクはこちら

IFS 内的家族システム療法について

”私たちの心は、沢山の副人格(パーツ)が集まってできたシステムである”

内的家族システム(Internal Family Systems Model:IFS)とは、アメリカの家族療法士リチャード・シュワルツ博士により開発された心理療法です。
現在とても人気があり、世界中で広まっています。

IFSが他の心理療法と異なる特徴は、

①人の心は、多数の副人格(サブパーソナリティー、パーツ)の集合体である

②システム思考を取り入れている

③「Self(セルフ)」という、すべての人の中にある、パーツとは異なるマインドフルな視点を持った意識が、癒しのリソースとなる

④一般的には、病的と捉えられる心理的な状態も、パーツのアクティビティと考え、病理的な捉え方をしない

などが挙げられます。

IFSでは、クライアントのSelf(セルフ)とパーツの関係性を育んでいくことにより、内なる調和を導き、セルフ・コンパッション (自分自身への慈悲)を高め、心理面および健康面などの様々な問題解決や、自己成長を促していきます。

IFSの適用範囲は広く、心理臨床以外にも、教育、自己表現、カップルセラピー、霊的な成長、様々な対立の解消、社会運動など、多岐な分野で取り入れられています。

About IFS

IFSについて詳しくはこちらをご覧ください

Read more
About Us

セラピストについてはこちらをご覧ください

Read more
Testimonial

体験談についてはこちらをご覧ください

Read more

コラム

IFSのつぶやき
天狼院メディアグランプリに掲載されました
IFSのつぶやき
トラウマ・リカバリー・サミット2021
IFSのつぶやき
【IFStalksインタビュー】フランク・アンダーソン『IFS、トラウマ、神経科学』

お知らせ

2022年3月3日お知らせ
4/5(水)〜「第18期医師が教えるIFS初級講座」(オンライン7回)のお知らせ
2021年12月29日お知らせ
1/5(水)〜「医師が教えるIFS初級講座」(オンライン7回)のお知らせ
2021年11月10日お知らせ
「国際メンタルフィットネス研究所」によるIFSワークショップのお知らせ
2021年10月15日お知らせ
11/10(水)〜「医師が教えるIFS講座・ベーシック」(オンライン7回講座)のお知らせ
2021年9月25日お知らせ
10/25(月)夜  IFS内的家族システム初級講座〜パーツ心理学で自己理解を深めよう

PAGE TOP
MENU